白髪染め,種類

白髪染めヘアマニキュア【人気ナンバー1はこちら!】

白髪染めヘアマニキュアをお探しなら人気ナンバー1のこちらの商品がおすすめです♪

白髪染めの種類

白髪染め 種類を分類すると大きく3つの種類に分けることができます。
  • 永久染毛剤
  • 半永久染毛剤
  • 一時染毛剤

3つの白髪染めは、どれが一番良いのでしょう?
良いというのは非常に抽象的ですので、この中でもっとも髪に負担がない
ということで考えると、最後の一時染毛剤ということになります。

ただし、その色持ちはその名の通り一時的です。
シャンプーをすることで、色が落ちてしまうのが特徴です。

用途としては、お出かけ前に突発的に白髪を染めないといけないという時に使います。
タイプ的にはマスカラタイプ、スプレータイプ、ファンデーションタイプ等があります。

これは、かぶれなどの心配もなく、塗るだけなので手軽につかえますね。
染毛のメカニズムとてしては、着色剤を毛髪の表面に付着させて、
一時的に毛質に着色します。

その次に負担が無いのは、半永久染毛剤になります。
繰り返し染めても髪の表面に膜を貼るようなイメージですので、
髪の痛みにはつながりません。

ただし、髪も爪と同じタンパク質のケラチンです。
爪にマニュキュアを塗るとその日に落としますね。
髪にも同じ事が言えると思います。
使用は永久染毛剤に比べると安全ですが、髪から剥がれる時に
一緒にキューティクルが剥がれてしまい損傷に繋がってしまいます。

また、髪を覆い尽くすため、パーマなどの薬剤の浸透率が悪くなります。
トリートメントタイプ・クリームタイプなどがあります。
一番のポイントとしては、敏感肌の方でも使用できるのが大きいですね。
一時染毛剤よりも断然持ちが良く、自宅で気軽に白髪染めする場合におすすめです。

最後に永久染毛剤です。
色は2~3ヶ月持ちます。有効成分の「酸化染料」は体質や肌状態によって
かぶれの原因になったりします。
クリームタイプ・泡タイプなどがありますが、自宅用としては泡タイプが多いようです。
酸化染料が毛髪中に浸透して髪の中で酸化して結び付くことで発色します。
メラニン色素を脱色するパワーもあるので、髪の中の細胞を壊しますので痛みの原因にもなります。

以上のように、白髪染めの種類とその特徴を理解した上で
自分の用途と髪質に合った白髪染めを選択しましょう!